精神科は心の病であるうつ病を治してくれる専門医療機関

精神科と心療内科の違い

看護師

うつ病やPTSD、強迫性障害などを患った場合は、精神科や心療内科で治療を受けることが多いでしょう。一般的な内科は風邪やインフルエンザなどの身体的な疾患のみしか治療を受けることはできません。うつ病やPTSD、強迫性障害などの疾患は身体的だけでなく、精神的にも負担を抱えてしまうため、精神科や心療内科などの心の病を専門とした医療機関へ行き治療を受けなければなりません。精神的な病を治療してくれる双方の専門機関ですが、違いについて分からない方も多いでしょう。精神科は精神疾患の診断や治療をメインに行なう専門機関です。過度な不安やイライラ、うつ状態などの精神的な苦痛などを改善してくれます。心療内科は心身症の診断や治療をメインに行なってくれます。器官に機能的障害が見られる方は、心療内科を受診しなければなりません。このように精神科と心療内科は似ているようで実際には、しっかりとした違いがあります。自身の症状は一体どのようなものなのか確認をしてから専門機関を選択しましょう。

近頃は精神科を受診する方が増加しています。ストレスが蓄積していることが関係しているでしょう。人それぞれ性格が違い、相手に対してストレートに物事を言える人もいれば、遠慮して自分の中だけで溜め込んでしまう人もいます。とくに後者はストレスを溜めやすい傾向があるでしょう。仕事場の人間関係や友人関係、恋愛など様々なことが要因でうつ病を発症してしまう場合があります。周囲の人に相談できずにひとりで全て抱え込むことでストレスが爆発して、結果的にうつ病になってしまうのです。一度うつ病になると簡単には自分の力で治すことは難しいため、精神科へ行き治療を行なわなければならないのです。うつ病と言っても様々な種類がありますので、医師に診断をしてもらわなければなりません。あらゆる方法で検査を行なってくれるため、自身のうつ病はどのようなものなのか分かるようになります。

昔は精神疾患を患うと強制入院させられることがありましたが、近年、それぞれの疾患に適応する治療法が確立されたことで入院数は減少しています。日帰りでゆっくりと自分のペースで治癒を目指せるようになったのです。通院や投薬だけで治療ができるようになったので、治療費もだいぶ安くなったでしょう。精神疾患の研究が進んでいるため、このような結果になったのです。まだまだ不明な点が多い精神疾患ですが、今後も研究が進むにつれて最善の検査方法や治療方法が誕生するでしょう。

適切な処置を受けよう

女の人

引きこもりやネガティブ、食欲不振や寝付きが悪いなどの様々な症状が見られる場合はうつ病の可能性が高いです。精神科へ行き適切な検査や診察、治療を受けることが重要になってきます。

詳細

制度を理解しよう

悩む人

精神疾患で仕事を休まなければならなくなったり、長期間治療を受けなければならなくなったりします。その時は傷病手当金や自立支援医療制度を利用できる可能性があるので、精神科の医師に相談をしてみると良いでしょう。

詳細

性格の特徴を知ろう

カウンセリング

心のサインに気付いた場合は、早急に精神科で診察を受けるようにしましょう。うつ病は2つのタイプに分かれており、それぞれ性格に特徴があります。うつ病を改善するには、適切なケアを受けることが必要です。

詳細

医師の判断に従う

女医

うつ病の治療には薬が使用されます。薬を飲むことで気持ちを落ち着かせることができます。精神科で処方された抗うつ薬は、医師の指示通り飲むようにしましょう。途中で服用をやめてしまった場合は、症状が悪化することもあります。

詳細