精神科は心の病であるうつ病を治してくれる専門医療機関

医師の判断に従う

女医

うつ病の治療法には様々な種類があります。それぞれの症状によって対処法が変わってきますし、病気が引き起こる原因も変わってきます。うつ病の特徴は基本的に気持ちが落ち込んでしまうことです。何に対してもやる気が起きなかったり、常に物事をネガティブに考えてしまったりします。精神的な部分が大きく関わっていますが、薬を用いる方法が主な治療法となっています。薬を飲むことで気持ちが落ち着きますし、症状の改善に期待ができます。ただし、中には精神科へ行くのをやめてしまい、途中で薬を飲まなくなるケースもあります。治ったと自己判断をしてしまっては、同じ問題が繰り返されてしまいます。医師の判断に従うことで、治療にかかる時間を短くすることができます。逆に医師の指示に従わない場合は、治療期間が長くなる恐れがあるので注意しましょう。

精神科でうつ病の診断を受けた場合は、治療を始める前にカウンセリングをします。患者と話しをすることで原因を探り、適した治療法を見つけていきます。うつ病に使用される薬は抗うつ薬が主流となっています。いろいろな種類に分かれており、作用も異なっています。通常の風邪薬や解熱剤はすぐに効果があらわれますが、抗うつ薬は一定の時間が経過しないと効果があらわれません。個人差によって期間は変わりますが、約1ヶ月前後とされています。そのため、しばらく薬を飲み続ける必要があるのです。

抗うつ薬は副作用が起こることもあります。効果があらわれるよりも先に、副作用が起こることもあります。例えば、薬を飲んだ後に眠くなってしまったり、頭が痛くなったりします。人によっては下痢や吐き気など、消化器官に副作用の症状が起こることもあります。精神科では患者と相談をした上で治療を進めていきますが、副作用の症状が辛い場合は、医師に相談するようにしましょう。うつ病をより早く改善するには、患者と医師の信頼関係も重要となってきます。スケジュール通りに治療を進めることが大切ですし、精神科で処方された薬はきちんと飲むようにしましょう。そのため、あらかじめ抗うつ薬について情報を集めることが大切です。副作用が起こった場合でも、情報があれば対処することができます。